かがみの孤城

日々

未来ってどこまであるのだろう

「大丈夫」 それはわたしを苦しめることばでした。 他人を拒絶することばでした。 疑問形で声を掛けられたら、何も考えずに口が動いていました。 織(しき) ダイジョウブ、こんなの大したことないから……。 ...
日々

“表現”が間にあれば何でもできる

梅雨の低気圧は頭痛がひどかったけれど、秋の低気圧は眠くなりますね……。ひたすら眠い。 いや、そもそも、早く寝なさいって話なのですけれど。 2020年10月23日(金) 天気:雨のち曇り 夕方、雲の合間からオレンジ色の光が見えました。すこし前の時間は...
日々

わたしの元気の源、睡眠、友人

書くこと、読むこと、それにかかわることばかり書いているとおもっていました。 よく書く話題はもうすこしあると気づきました。睡眠のこと、友人のこと。どちらもとても大切。 と言いながら、睡眠をよく犠牲にしてしまうので、改善しなければ……とおもいます。先月も同じよ...
読書

舞台『かがみの孤城』ネタバレ有・感想

ネタバレなしで書こうとしていたのですけれど、無理でした。 がっつり物語のネタバレ、演出のネタバレ有りで語ります。 原作を読んでいない方 舞台を観ていない方 ご注意ください。 読み進める方へ 記憶を頼りに綴っています。...
日々

心を満たすのは「すき」と「かわいい」

良い創作物と出逢うと、 織(しき) これを知ることができて良かった~ 織(しき) 自分がこれを思いつきたかった…… ふたつの感情がどっと押し寄せてきます。他人の才能に嫉妬しちゃい...
タイトルとURLをコピーしました