『あまざらしの庭園』読書記録ツイートまとめ

読書

『あまざらしの庭園』

あまざらしの庭園
豆塚エリさん
こんぺき出版

読書記録

2022/02/05 p.4-31

p.4

光の筋が
カーテンの隙間から延びる

朝や夕方の、ひとすじの光が好きです。美しいですよねえ。

p.4
“ぶどうの房のような肺胞”
この表現、好きです。

p.4
“(まぶたに透ける赤)”
目をつぶっているのにまぶしくて、ふしぎだなぁと幼い頃考えていました。

p.5

からだは生きることに執着し
とうとうわたしを支配する

……厭になっちゃいますよねえ。わたしの身体はわたしのもののはずなのに、気持ちに反して、この身体は勝手に生きようとします。
生存本能なんてなければ、わたしは、此処にはいなかったのに。

p.5

茶摘みの女たちの
指先を傷だらけにした茶葉

茶摘みをしたことがないのでわからないのですけれど……怪我をしてしまうものなのでしょうか?

先日読んだ本に、静岡の中学生は茶摘みをすると書かれていてびっくりしました。
授業を受ける生徒たちの手にも、傷はできていたのでしょうか……?

p.7
“だから僕はもう行くよ”
行動できる人って、凄いです。

p.8
“五棟全焼三名死亡、角砂糖二個とミルク少々”
なんだかリズムが良くて、声に出したくなってしまいますね。

演劇『わが星』を観ているときも、リズムが心地よくて、ずっと耳を傾けていたいとおもいます。


p.10

パンデミックは
きがつかないうちにおこっているの

いつのまにやら。あっという間に。
びっくりしたときにはもう遅いのでしょう……。

p.11

きらきらはぜつぼう
みをゆだねたらきもちよくて

ことば選びもひらがな表記も、好きです。

p.15

メリーゴーランドの
終わりと
始まりは
どこ?

この感性、好きです。こんな風に考えて過ごしたいです。
まわるまわるメリーゴーランドの切れ目を探して目をまわして、きらきらした光しかわからなくなってしまいたいです。

p.22

甘く砂糖につけられて
すみれの花よ、

江國香織さんの、『すみれの花の砂糖漬け』を思い出します。


p.23

私たちは二度と目覚めないことを期待して
日々眠りにつくのに

その期待は毎朝裏切られ、悲しくなります……。少なくとも今朝までずっと、そうでした。

p.27

どうしたら、
どうしたら、わたし
大切にできる、の

たくさんの読点から、泣き声が聞こえてきます……。

p.30
“この詩集の表紙の絵を描いてくれた女性だ。”
この表紙だから、惹かれ、手に取りました。

p.31
“正直なところ、彼女の絵をよくわかっていなかった。”
正直なお人ですね。

p.31
“夜の濃さに溺れそうになっていた”
溺れるイメージがあるのですね。わたしは押しつぶされるイメージがあります……。

p.31
“祈るしかないなと思う。どうか届きますよう。”
先ほど読んでいた漫画でちょうど、祈りについてえがかれていました。

祈りは詠唱で、その詠唱は正しいか? 精霊(ここでは神さま)のイメージは正しいのか?
魔法があるせかいでの宗教、神さまのお話。
正しく祈りを届けたいですね……。

読了しました。

詩をすべて読んでから是非、あとがきを読んでほしいです。タイトルに込められた想いや、何を感じてらっしゃるのか……伝わってくる気がします。

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました