犬の青年

夢のきおく

床に座ってぼんやりしていると、冷たいものが手に触れた。指先を見ると、湿っている黒い鼻が、ふんふん、とにおいを嗅いでいる。「健康な証拠だね」とつついた。それがくすぐったかったのか、くしゅん、とくしゃみをする。「ごめん」と笑いながら、白に近いクリーム色の頭をなでる。
抱きしめると、彼のあごがわたしの肩に乗っかった。ふさふさのしっぽを振っているのが見える。
あたたかい。

おおきい犬はいいなぁ……、と癒やされた。
けれどわたしは知っている。いまは犬の姿をしているけれど、中身が友人の青年だということを。まわりの人には何も言わない。
あたたかい息が首にかかる。くすぐったい。そんなに嗅がないで。

「犬だからって何でも許されるわけじゃないからね」とおもうけれど同時に、「犬だから遠慮なく触れることができる」と、おもう。人間の男女は気軽に触れてはいけないらしい。性別なんてものを気にせずに、仲良くできたらいいのに。
「お互い、ただの生きものとして見ることができたらいいのにね」
心の中で、つぶやいた。

2021年4月3日(土) 二度寝したときの夢
タイトルとURLをコピーしました