「目に見えない子」(『ムーミン谷の仲間たち』より)読書記録ツイートまとめ

読書

『ムーミン谷の仲間たち』


ムーミン全集[新版]6
ムーミン谷の仲間たち
トーベ・ヤンソンさん
山室静さん 訳
講談社

読書記録

2021/12/24  p.149-151

「目に見えない子」を読み始めました。

p.150
“「いつも希望を胸(むね)に生きるって、いいことよね」”
ミイがどうしてこう言ったのか、いまいちわからなかったのですけれど……このことばには同感。絶望せずにいられたら、どんなにいいでしょう。

p.150
“みんなは、おだやかな静けさの中で、手を動かしつづけました。”
いいですねえ、この時間。
気まずくない沈黙はすきです。黙っていても気にならない関係性がすきです。

2021/12/25  p.151-154

p.152
“「ごぞんじのとおり、人はおどされてばかりいると、だんだんすがたが見えなくなっちゃうものでしょ?」”
いえ、存じ上げません……。
その通りならばわたしは昔、すっかり姿が見えなくなっていたとおもいます。そのほうがよかったのかもしれませんね。

p.154
“黒いリボンにむすばれた小さな銀のすずが、うかんで見えました。”
猫みたいですね……。

p.154
“ニンニの首はとても細いようです。”
きっとあなたの首は美しいのでしょうね、ニンニ。すらっとしたそのお姿を拝見できる日はくるのでしょうか。

p.154
“みんな、ときたまばかなことをやらかすけれど、”
それを“みんな”の前で言えてしまうの、凄いですね。

2021/12/26  p.156-157

p.157
“きっとこの子はしばらくの間、見えなくなっていたいと思ったのよ。”
他者が「こうしたほうがいい」と押しつけてしまうのではなく、本人が望むことを汲み取ってくれるムーミンママだいすき。

p.157
“むかしうちにいたネコのことを思い出しました。”
そうですよねえ、居場所はわかりやすいですけれど猫みたいです。ほかの方法はないのでしょうか?

p.157
“好きなだけ、お寝坊してもいいのよ。朝のコーヒーは、さめないようにしておくから、だいじょうぶ。”
お優しい……。
わたしもこういう風に言ってもらいたいです。そうしたら、安心して思いっきり眠ることができます。

2022/01/02  p.158-174

p.159
“カップとお皿が、ふわふわと空(くう)をただよって台所に行くとら洗(あら)われて戸だなに入りました”
食後すぐお皿を洗って(書かれていないけれど拭いてから)しまうなんて、とてもえらいですね!
たまに面倒くさがって、後回しにしてしまいます……。毎回洗うほうが楽だとわかっていても。

p.161
“たちまちニンニの足先は、色がうすくなっていって、ほとんど草と見わけがつかないくらいになってしまったのです。”
姿がどのくらい見えるかによって、ニンニの感情が伝わってきますね。面白いです。

p.163
“大地に作物を育ててもらっているのだから、秋のはじめには、なにかプレゼントをしなくちゃいけないよ”
すてきな教えですね。自然とともに生きている者の知恵。

p.164
“赤いショールを取り出してきて、小さい服をこしらえました。”
もともとはショールだったのですか!

p.164
“それからあまった布(ぬの)で、大きなリボンを作ったのでした。”
ショールがかなり大きかったのか、ニンニの身体がかなり小さかったのか……もしくは両方?

p.166
“「おこることもできやしないんだわ。それがこの子のわるいとこよ」”
ごめんなさい……。咄嗟に怒ることができません。謝ることなら、すぐにできるのですけれど……。

p.167
このページではミイと同じくらいの大きさで描かれていますね、ニンニ。それならかなり小さいのかも。

p.172
“「見えたよ、見えたよ。とってもかわいい子だよ!」”
ムーミンの、このちょっとズレたところ……好き嫌いが分かれそうですね。人によってはイライラしてしまうかも。
でもわたしは、憎めないなぁとおもいます。

p.174
“すっかり変えちゃったようね。”
そうですねえ。こんなにコロコロ感情も表情も変わる子だったとは……。
でもしあわせならオッケーです、の例のことばが思い浮かびます。一時期インターネット上で話題になったフレーズ。

「目に見えない子」読了しました。
こんなに親近感のわくキャラクターが出てくるとは……。ニンニ、好きです。

ラスト、イメージクラッシャーだなぁとおもったのですけれど……こちらの気持ちを押しつけるのはよくないですね。どれも彼女の一部。

これからどこで暮らすのでしょう? 戻ることはない気がします。一人暮らしか、信頼できる方とルームシェアをしたら、もっと気楽に暮らせそうです。
しあわせになってほしいです。

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました