KITORIのお祭りレポート(読書の日記念/本のイベント巡り企画)

KITORIのお祭り読書

立川を中心に展開する本屋・オリオン書房さんが、「とんがり書房」という屋号でイベントに出店することを知りました。
会場は、立川にある株式会社KITORIさんの工房兼ショールーム。

2019年10月27日、神保町のイベントに行く前に行って参りました。

柴崎体育館駅 到着

14時頃、柴崎体育館駅に着きました。

柴崎体育館駅に到着
公園の横を通り、10分ほど歩いていくと、大通り沿いに建つ「kitori」につきました。

大きなガラス窓が印象的です。
チラシを配っているスタッフさんたちに挨拶し、中へ入っていきます。

建物の中の様子

いつもはショールームを見学するには予約をする必要があるようですが、イベント期間中は、屋内すべてを開放してくれています。1階・2階・屋上、床も壁も家具もどれもが見本ということで、どこを見てもおしゃれです。

1階はバーと工房で、お酒を飲みながらkitoriさん特性の椅子でくつろげる空間になっているそうです。時間があまりなかったのでそちらは見ずに、階段を上ります。

2階はカフェと雑貨。紙物大好きなので、封筒等の作品を拝見しました。焼き菓子も美味しそうです。

織(しき)
織(しき)

とんがり書房さんは屋上で営業中とのうわさ……。

けれど、どこから「屋上」に行けるのかわかりません。階段が見つからないのです。

屋上はどこ?

2階にテラスがあることを発見しました。
もしかしたら、ここを屋上と呼んでいるのかもしれません。

覗いてみるとそこには、お野菜がたくさん。農園の方が販売しているようです。

織(しき)
織(しき)

こちらではないみたいですね……。

とんがり書房は屋上へ
1階から上ってきた階段の正面、奥まったところにあるお手洗いの前に、小さな看板が出ていました。てっきり、ここにはお手洗いしかないとおもっていたのでびっくり。

更にさらに、階段を上ります。
最初この階段に気づかなかったこともあり、なんだか、秘密の部屋にお邪魔する気分になります。狭いところを人とそーっとすれ違い、上へ。

とんがり書房の看板
ようやく、屋上につきました。
お目当ての「とんがり書房」さんです!

屋上の本屋さん

予想以上に賑わっています。
人びとはそれぞれ好きなところに座り、ご飯を食べたりお茶を飲みながら、本を見ています。

親ペンギン
お客さん

この本欲しいなぁ

そんな声が聞こえてきて、関係者でもないのに嬉しくなってしまいました。

かわいい本棚

かわいい三角屋根の本棚
三角屋根の、カラフルな本棚が並んでいます。
とてもかわいくて、家具をデザインするKITORIさんが開催する、このイベントにふさわしい本棚だと感じました。

本を見るだけでわくわくします
「本の本」や本屋さんに関する本は、興味深いです。最近は本の仕事に関わる人が書く本が増えてきて、以前よりも本に関することを知る機会が増えました。

美しい装丁の本
表紙が美しい本も好きです。
こういった本は、表紙が見える“面出し”という並べ方が合いますね。ぱっと見ただけで強く惹かれます。

面白いジャンル分け

棚にはジャンルが書かれていました。
「えほん」等よく見る表記もありましたが、すこし不思議なものも……。筆者がほかの場所で見たことがないジャンルは、「アナーキー」と「ドリーミー」でした。


ざっと目を通して気になったのは、「ドリーミー」です。すこし不思議な世界をえがいている小説が好きなのです。

その棚に並べられているほとんどの本の作者は、「山尾悠子」さん。初めて知る作家さんです。
多くのスペースを使用してまで、とんがり書房さんが紹介したいと感じる作家さん……。どんな文章なのか、とても気になります。

購入品紹介

購入したのは、山尾悠子さんの『歪み真珠』。ちくま文庫です。

今年(2019年)発行された本なのですね。初めて出逢った作家さんの、新しい文章を読むことができるなんて、しあわせですね。

あらすじには「人魚」の文字。美しい小説という評価……。
じっくり読みたくなる本
になる予感がします。

KITORIのお祭り 詳細

【日 時】2019年10月26日(土)~27日(日)11:00~19:00(※雨天決行)
【主 催】株式会社KITORI
【会 場】立川市錦町5-15-26

【出店者 ※敬称略】
とんがり書房(本屋)

〈 FOOD&CRAFT 〉
Maymaytiti(絵画)/Atelier Piccolo(写真家)/水田典寿(照明)・安土草多(照明)/マルベリーフィールド(サンドイッチ・26日)/Borone243(Bar)/てくたく(軽食・27日)/菓子工房 mimi(焼き菓子)・コノハ堂(パンと焼き菓子)/坂本呉服店(和の小物)/こうやま農園(農産品)
キャッチフレーズは、「百の灯りとおしゃべりと夢。」

出店者「とんがり書房」 詳細

オリオン書房さんとkitoriさんのコラボレーションで誕生した、旅する本屋さん。
活動するのは3年ぶりだそうです。

オリオン書房

株式会社リブロプラスさんが運営する本屋さん。

ちなみにリブロプラスさんは、2018年に話題になった、入場料のある本屋文喫」も運営しています。

オリオン書房は、全店舗のうち、半分ほどが立川市にあります。
空を見上げるとすぐ見つけることができる“オリオン座”のように、立川駅からすぐに見つけて、行くことができます。

今回のイベントを知ったのは、ノルテ店さんのツイートを見たためです。
このツイートがなければ、とんがり書房の存在を知ることはなかったかもしれません。ありがとうございます。

とんがり書房さんのショッパー

とんがり書房さんで本を買ったら、ビニール袋に入れてくれました。その袋のロゴは、オリオン書房さんのもの。
オリオン書房さんの袋
お店以外でこの袋をもらうのは初めてです。外出中、たまたま友人に会えたかのような嬉しさがありました。
本屋さんのオリジナルのカバーや袋も、大好きです。

おまけ 店名から連想したこと

とんがり書房……。
とんがり”という単語を見るとおもいだしてしまう作品があります。

現在、筆者の好きな漫画上位にランクインする、『とんがり帽子のアトリエ』です。


魔法を学ぶ少女たちの成長を見守る、王道ファンタジーです。
美しい線と、工夫されたコマ割りが素晴らしいです。

この作品が発行されたのは2017年なので、とんがり書房さんとは一切関係ないのですが、ついつい連想してしまいました。
とんがり書房さんの店名の由来が気になります。

参考リンク(敬称略)

記事内で触れたことについて、詳細は以下のリンク先をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました