気遣いの人、健在

日々

2022年3月26日(土)

正確な年数は忘れてしまったのですけれど、かなりひさびさに、同期と会いました。恋人がかなりお世話になっている人なので、いつかまた会うのだろうなぁ……とおもってはいたのですけれど、自分から積極的に連絡をすることはできませんでした。
しばらく会っていないとコミュ障をこじらせてしまうので、ダメですね。ごめんよ。

以前から感じていましたけれど、気遣いの人ですね。そこは本当に尊敬しています。
がんばって以前のようにタメ口で話そうと必死なわたしと違って、余裕を持って話しているように見えました。恋人に話を振りつつ、わたしも巻き込んでくれたので、少しずつ心が解凍されていきました。

「(恋人)に不満はないの?」と聞かれ、「掃除してくれないのはどうかとおもう」と答えました。「いや、それは、疲れているから……」と言い訳をした恋人にはすぐさま、「それはダメだよ、しきが疲れていないって言っているようなものじゃん」と言ってくれました。
へえ、そういうことを考えてくれるのか、とびっくり。いや、一緒に暮らすならば、そのくらいは考えていてほしいものですけれども。

さらに、「今夜寝る前に絶対『愛してる』って言いなよ。ことばにしなきゃダメだよ」と言ってくれました。完全に乙女心を理解してらっしゃる……。

この人の恋人になれる人は、しあわせだろうなぁ……とおもいました。
同期は誰であっても恋愛感情を抱かないので、自分がその立場になりたいとは一切おもわないのですけれど。その人からの愛がほしい、って意味ではなく、そういう風に恋人から愛してもらえたらいいなぁ、っておもいます。

ちなみに現在、恋人募集中だそうです。
「いい人いない?」と聞かれる機会が近年増えたものの、フリーかつその人と相性が良さそうな友人って、あまりいないので困ってしまいます。他者のために恋愛関係で動いて良い結果になったことがないので、わたしに聞かないでください。

追記:ちなみに、夕飯は焼肉でした。焼肉のお店って片手で数えられる程度しか行ったことがないので、新鮮な気持ち。

参考リンク

  • きょう食べたものの写真を載せたツイート(肝心の焼肉は撮り忘れました)

2022年4月1日夜 執筆

タイトルとURLをコピーしました