さよなら、パーカ

日々

2022年3月14日(月)

洗濯物を取り込もうとベランダに出たら、一部の洋服が落ちていました。風が強かったのですね。
ハンガーの、フックのところを洗濯バサミで固定していたのですけれど、まとめて飛んでしまっています。何なら、洋服・ハンガー・洗濯バサミ、一組消えています。

そこそこ分厚い、パーカ。某ネズミの国で購入したので、フードにネズミの耳がついています。(遊びに行った日、夕方から寒くなって急遽買ったものでした)
部屋着として活躍していたのですけれど、彼がいなくなっていました。

そのタイミングで、ネズミの国へ行かないか、とのお誘い。いま、お相手の方と会う元気がないので、通知を消しました。アプリを開くことすらできません。

さよなら、パーカ。さようなら。

きょう詠んだうた

椅子がなく、正座していた僕を見て
驚く君に、「変かな?」と問う。

愚かにも「ずっとそばに」と願う
のさ 君の心を支えるものへ

2022年3月21日夜 執筆

タイトルとURLをコピーしました