「わたしを殺して… お願い」

日々

2022年3月7日(月)

Netflixで、アニメ『殺戮の天使』の配信が3月15日までだと知りました。ゲーム実況を観て、とても感動した作品。
第1話を観始めて、「あ、これは面白いぞ」とすぐに感じました。イラストが美しいし、演出がおしゃれだし、声優さんたちの演技力が素晴らしいです!
第16話まで、すべてのエピソードを一気に観てしまいました。満足感のあるアニメでした。とても良い~!

地下から上の階に移動していくこと、各フロアには狂った個性的な人たちがいること、主人公のレイチェルはある意味とても強いこと。それから、ラストの美しさ。
そのあたりは覚えていたのですけれど、細かな部分はかなり忘れてしまっていました。

ゲームもアニメも、素晴らしい作品です。それぞれの良さを感じました。
アニメは、キャラクターたちが生き生きしているように感じました。それぞれの身長差や表情などがぱっと見ただけでわかりますし、話し方や息づかいから感情が伝わってきます。

最後のシーンは、ゲーム実況のほうが好きでした。
初見の衝撃を差し引いても、あの感動は……実況だったから味わうことができたものです。実況者さんがセリフを読む声、ゲームに対しての反応、すべてが視聴者側の感情を引っ張ってくれました。号泣したことはよく覚えています。
もちろん、自分でプレイして、あのシーンを初めて見ていたら……別の感動があったのでしょうね。

作品にあらためて触れて、こんなに「神様」が重要な作品だった、と忘れていた自分は阿呆だとおもいます。昔はいまほど、「神」って存在のことを考えていなかったのですね……。
ちなみに自称無宗教です。仏教の考えのほうが身についている、と最近気づきましたけれど。
それにしても鈍すぎですけれどね。あまりにも重要な点ですから。

追記。
日記のタイトルは、第1話「Kill me… please.」より。
「きょう詠んだうた」は、この作品をイメージしたものです。

きょう詠んだうた

誓います。あなたを殺し殺される
ことを。地上に出たら必ず。

参考リンク

2022年3月8日夜 執筆

タイトルとURLをコピーしました