ことばの海に潜る

日々

2022年4月22日(金)

ひさびさにちゃんと読書ができて嬉しいです。しかも、いま読んでいる本が結構、自分好みのようでなおさら。
ひとり、とても共感できる登場人物がいます。彼は、何をどのくらい考えて生きてきた人なのでしょう……。そのあたりのことがえがかれているとなお、嬉しいのですけれど。

p.85
“他人は、自分の言ってほしいことを言わせるための装置じゃない。”
(『ガラスの海を渡る舟』寺地はるなさん、PHP研究所)

このことばが刺さりました。いまのわたしには、ちょっと、つらいです。
もちろん、わかっていますよ。頭の中は自由ですから。何を考えてもいいです。

あらゆる考えの、どれをわたしに伝えるか、選ぶのはその人です。その内容がわたしの考えと違うとしても、何も伝えないってことを選んだとしても、いいのです。その人が決めたことに対して、あれこれ言う権利はありません。
わたしは、他者になるべく考えを押しつけたくないとおもっていますから……。自分で決めたことは守りたいです。

きょう詠んだうた

きれぎれの夜を斬り裂く殺人鬼に
願う「君に殺されたい」と。

オオカミに喰われるウサギは
血のにおいを忘れられぬ君が心配

血だらけで君を見つめる僕のことが
こわくなっても当たり前だ

色彩に込めた想いが届かないと
しても僕は描(えが)き続ける

惑う人が出ないようになおすべき
とわかりつつもずっといるバグ

あんぱんのヒーローは顔をちぎって
痛くても顔に出さないのか

夢の国で夢が見えぬ僕は本を
読み時間をつぶすばかりだ

あくびする口は一番無防備
な形を人の前でも晒す

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました