黒いものはすべて、水に溶けて

日々

2021年9月17日(金)


実は、結構前に万年筆のインクを使いきっていました。けれど、引っ越しとか作業場通いとかで忙しい……あるいは「コップがない」と言い訳をして……あとまわしにしてしまいました。面倒くさがりさん、よろしくないですね。
百均で割れないコップを入手したので、水道水を入れて、ペン先を投入。すぐに、ぼやぁ……とインクが出てきました。

黒い靄の魔法みたい……。ハリポタに、そんなの、ありませんでしたっけ? ヴォルちゃん側のだれかが使いそうです。
闇の者にはなりたくないのですけれどね。人を傷付けたくないので。

……調べてみたら、わたしが連想したのは、ディメンター(吸魂鬼)かもしれません。漢字表記の通り、魂を吸い取ってくる恐ろしい存在です。ヴォルちゃんより怖いな……とおもった記憶があります。


ちなみにわたしがヴォルデモート卿のことを「ヴォルちゃん」と呼ぶようになったのは、小説の最終巻を読了してからです。
映画では終盤、全然登場しなかったポルターガイスト・ピーブスが「ヴォルちゃんついに ボロちゃんだ」と歌うのです。このシーンが大好き!

好きなことを考えて、大音量で音楽を聴いていたら、元気になってきました。台風が近づいてきている影響か、身体がおもうように動かなくて、日中は気分がずっと下がっていたのですけれど……。
大丈夫です。

しんどい気持ちとか余計な考えとか、黒いものはすべて、インクのように水に溶けたのかもしれません。Twitter上では、「疲れは水溶性」とも言われていますからね。

読書をして、寝ます。
おつかれさまでした。おやすみなさい。

2021年9月17日の夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました