再び、美味しいパンをいただきました

日々

2021年9月9日(木)


先日パンをプレゼントしてくださった方から、別のパンをいただきました。今回は「に志かわ」さんだそうです。

わたしよりも先に食べていた同居人さんの横に立ったら、「違い、わかります?」と差し出してきました。一口いただいて、もぐもぐ。
うーん……この味を何と表現したらいいのだろう。クリーミー? いや、それよりも……。
「前のパンより、甘い……?」
「違いがわかる人だ!」とびっくりされました。「『前のやつより甘みが強いよ』って言われていたんです。全然わからない……」
それを聞いて、嬉しくなりました。自分の舌は間違っていなかったのですね。

お夕飯はかに玉の予定だったのですけれど、主食はパンにしました。だってやっぱり、きちんと食べたいです。

焼いて食べたい気持ちを抑えて、何もつけずに、1枚食べました。美味しい……! 個人的には、前回のパンよりも、好きです。美味しいです。
珍しく、おかわりしてしまいました。もう1枚、何もつけずにいただきます。

パンよりもご飯のほうが好きなのですけれど、あしたも食べたいです。このパンなら、三食パンが主食でも構いません。
ごちそうさまでした。

きょう読んだ本

いにしえからのラブレター
ryoさん 著
雨月衣(うげつころも)さん 絵
ソニー・マガジンズ
p.6-119
読了しました。

昔生きていた人もいま生きる人も、変わらない心があるのだと感じます。
万葉集に詳しくなくても、わかり易いことばで彼らの気持ちを表現してくださっているので、とても読みやすかったです。どの年代でもすぐに読むことができそうです。

ねこもかぞく ほんのり俳句コミック
堀本裕樹(ほりもと ゆうき)さん
ねこまきさん(ミューズワーク)
さくら舎
p.1-15
読み始めました。

ひとつの俳句から、文章と漫画でそれぞれ表現する取り組みが面白いです。

2021年9月11日の夕方 執筆
タイトルとURLをコピーしました