あなたのためならいくらでも暇になる

日々

2021年9月7日(火)

いつもより早く帰ってきた同居人さんに、「暇ですか?」と聞かれ、「超暇です」と即答しました。
カードゲームをやりたいそうです。平日のお誘いは初めて。嬉しくなって、家事を手早く済ませました。

(実際、日記をきちんと綴っていたし、買い出しは間に合っていたし、急いでやらなければならないことはなかったので、暇と言えば暇なタイミングでした)

カードのセットをいくつか持っているので、公式さんがおすすめする組み合わせを選んで遊びました。

いままでは攻撃的なカードを避けていたふたりだったのですけれど、同居人さんが「呪い」を相手に与えるカードを駆使して戦ってきました。テンションが下がるしきさん……。
その回が終了したときに、「これで“呪い”の怖さがわかったでしょう!」と言われ、「いや、こわいっていうより、むかつく……邪魔」と低音ボイスで答えてしまいました。(むかつく相手は同居人さんではなく、カードそのものですよ、念のため)
せっかく得点を手に入れてもそれを無効化してしまうし、手元にあるだけで邪魔くさいし、デッキから破棄しづらいし……。性格が悪いカードですね!

最終試合では判断ミスにより、数点で負けてしまいました。実は負けず嫌いなところがあるので、もやもやしたまま終了……。悔しいです。
同居人さんの気分に合わせて遊んでいるので、いつリベンジできるかわかりません。わたしから誘ってもいいのですけれど……、ただでさえ「かまちょ」なので、どこまで声をかけていいのかまだよくわかっていません。

しょんぼりしながら夕飯の準備をしていたら、引っ越してきて初めて、食材を腐らせてしまったことに気づきました……。もっとしょんぼり……。

これでは良くない日、とおもって終わってしまうので、よかったことを考えます。むしろきょうはいい日だったのです。

  • シーツを洗濯して、干せたこと。
  • ベランダから公園が見えると気づいたこと。
  • お手洗いの掃除をしっかりできたこと。
  • お安くなっていた牛タンを朝ごはんに食べられたこと。
  • それがとても美味しかったこと。
  • 冷凍している分があるのでまた食べられること。
  • 質問にきちんと答えられたこと。
  • 歯医者さんの予約が取れたこと。
  • ネットで注文していたマンガが届いたこと。(後日開封します)
  • 急遽食材消費のために作ったおかずが美味しかったこと。
  • 使いきってしまう前にラップを買いに行けたこと。
  • 面倒くさい気持ちに負けずお風呂に入れたこと。
  • 面倒くさい気持ちに負けず髪を乾かせたこと。
  • 日付が変わる前に日記を綴っていること。
  • 寝る前に読書ができそうなこと。

たくさんがんばって「生活」して、えらい。できることを、できるうちにやって、えらい。
何もできない日が来たとしても、大丈夫です。できるときの自分ががんばるから。

おつかれさま。
あしたもちいさなしあわせを感じて暮らしましょう。

きょう読んだ本

ブラック・コーヒー〔小説版〕
アガサ・クリスティーさん 著
中村妙子さん 訳
早川書房
p.107-121

参考リンク

カードゲームで遊んだ日
1回目
2回目

タイトルとURLをコピーしました