大切な人に、贈りたいもの

日々

2021年8月31日(火)

悪友の誕生日をお祝いするために、ギフティを眺めていました。

仲が良いくせに、住んでいる土地は知っているくせに、住所は知りません。
ギフティはリンクをメッセージで送信すればいいので、住所がわからない相手にも、直接会わなくても、プレゼントを贈ることができます。

以前幼なじみに図書カードを贈るため、利用したことがあります。(わたしも図書カードがほしいです)
なので、使い方は何となくわかっていました。

けれど、検索しづらいところが困ります……。「(贈りたいもの) ギフティ」とChromeに入力して、探しています。
一応公式サイトには、「ブランドから探す」「特集から探す」等の機能もありますけれど。

見つけた瞬間に衝撃を受けて、どうやって探し出したのか、うっかり忘れてしまったのですけれど……。わたしは、見つけてしまったのです。文喫の入場チケットを……! 「これも贈ることができるの!」と、びっくり。

もともと六本木は遠いところでしたけれど、なおさら遠くなってしまって、わたしはしばらく行けそうにありません。こんな世の中なので、だれかに贈るのもためらってしまいます。
けれどいつか、本好きの方にプレゼントしてみたいですね。

ちなみに悪友のプレゼントは、ほうじ茶を使ったお菓子を選んでみました。「ほうじ茶が好き」という情報だけはとても強く覚えています。
茶葉を贈っても良かったのですけれどね。甘いものも好きなはずなので……ちょっと挑戦。好みのお味だといいのですけれど……。

おめでとう。

きょう読んだ本

南極半島ペンギン村 銀次郎の恋物語
永田雅一(ながた まさかず)さん 撮影・文
コアラブックス
p.2-46
読了しました。

写真を眺めているだけでも、文章を読みつつでも、どちらでも楽しめる本でした。
個人的には、影が写っている写真が好きです。影までかわいい。

口笛の上手な白雪姫
小川洋子さん
幻冬舎
p.33-62
「亡き王女のための刺繍」読了しました。

美しい物語だとおもっていたら、違和感があって、それがどんどん膨らんでいきました。どういうこと、と追いかけているうちに終了……。
彼女たちの外側はどうなっているのでしょう。周りはどうおもっているのでしょうか。

ブラック・コーヒー(小説)
アガサ・クリスティーさん 著
中村妙子さん 訳
早川書房
p.50-53

参考リンク

ギフティ 公式サイト
図書カード
文喫入場チケット

2021年9月5日 執筆
タイトルとURLをコピーしました