ストレスを抱えてしにぞこなっている

日々

2021年8月17日(火)

ストレスチェックを受けたらストレスを感じるって何なのでしょうね、この気持ち……。
会社から受けるように言われたものなので仕方ないのかもしれないですけれど、「仕事」と「それ以外」のくくりになっていて、「友人」と「家族」が一緒になっていたことがもやもやしました。

「悩みを相談できるか?」という質問に、友人になら何でも言えるけれど、家族には言えないこともある……とおもうと、どう答えたらいいのかわからなくなってしまいました。別々になっていたら、それぞれの答えが変わります。確実に。
友人とも家族とも、両方、問題がない人なら気にならないのでしょうけれど。

お仕事に関するストレスは以前よりぐっと減ったので、問題ありません。
わたしのストレスの原因は、たいてい、私生活の一部です。眠れない日があることも、苛々してしまうことも。

結果は予想通り、ストレスを強く感じている、と出ました。そうでしょうね。
けれどお医者さんとお話する必要はないとのことです。必要があると言われても行きたくないですけれど。

多忙なので仕方ないですけれど、お医者さんたちって、話をじっくり聴いてくれるわけではないじゃないですか。こういうメンタルのことって、話したいのにうまく話せない部分が多くて、時間がかかってしまいます。学生のころ、少しだけお世話になった相談員さんは、傾聴することがお仕事なので、じっくり付き合ってくださいましたけれど。
お医者さんはさくさく聴いて、お薬を出して、「また来てね」と言って終えてしまうイメージ……。人によるのでしょうけれど。

どっと疲れてしまって、仕事終わりに少しだけ眠りました。メンタルが強ければ、この時間、好きなことに使えるのに。
寝たおかげで少し回復したのですけれど、夜また、不安定になってしまいました。肌の調子が悪いからでしょうか。この日記も、泣きながら綴っています。どうして泣いているのでしょうね。悲しいことなんて、きょうは、なかったはずなのに。

涙が肌にしみて、痛い。
心身ともに弱くて、厭になります。

きょう読んだ本

追悼の達人
嵐山光三郎さん
中央公論新社
p.50-53

タイトルとURLをコピーしました