大好きな人の大好きな絵

日々

2021年6月28日(月)


たからちゃん大好きニンゲンなので、いただいた名刺をずっとお財布に入れていました。
ほかのカードと同じところに入れていたのですけれど、小銭入れの間にある小さなポケットもカードサイズだと気づいて、こちらに移動。此処は元々別の、ちいさなお守りを入れていました。

お守り、という存在は重たく感じてしまいます。自分の感情以外のものを感じるからでしょうか……。
その点名刺は、自分が彼女のことを好きだとおもう気持ちと、彼女が絵を描くことを好きだとおもう気持ちだけなので、ちょうど良いです。

お財布を開くたびにしあわせになりそうです。ありがとう、たからちゃん。

読書記録

『ムーミンパパの思い出』

p.256
“有頂天になってさけびました。”
まさか、こちらにもいらっしゃるとは……! 予想外でした。

p.258
“気にしていたのです。”
それならなぜ……? どうしていままで、そうしなかったのですか?

p.259
“なんとも書きあらわしようのない夜でした。”
とてもすてきな夜ですね。

きょう読んだ本

ムーミン全集[新版]3
ムーミンパパの思い出
トーベ・ヤンソンさん
小野寺百合子さん 訳
講談社
p.254-259

髪を切りに来ました。 1
高橋しんさん
白泉社
p.56-106

2021年7月5日 執筆
タイトルとURLをコピーしました