両方なければだめなの

日々

2021年6月27日(日)

図書館があることは調べていたのです。自転車で行ける距離にあると判明して、ほっとしました。
そういえば、本屋さんのことを調べていませんでした。

小説等は図書館で借りられますけれど、漫画も借りられるところは滅多にありません。JR中央線・武蔵境駅近くの、武蔵野プレイスくらいしか、わたしは知りません。
新しくお世話になる図書館にはないと仮定すると、少なくとも漫画は本屋さんで買うしかありません。電子書籍はあまり考えていません。

ということで、調べてみました。本屋さんの場所。
自転車で15分くらいのところにあるようです。(15分かぁ……。遠いわけではないけれど、ふらっと行くことはできないかも)と考えたものの、すぐに、(いや……いま通っている本屋さんもそのくらいの距離だ)と気づきました。
問題ありませんね。

わたしにとって、図書館と本屋さんは両方必要です。まったくない土地で暮らせる気がしません……。
関係者各位に心から感謝いたします。

読書記録

『ムーミンパパの思い出』

p.252
“できることならわたしのばかさかげんもいっしょに、学びとってもらいたい”
これはつまり、反面教師ということでしょうか……? 自分の短所も人に見せることができるのって凄いですね。

まぁでも、ムーミンパパってちょっと見栄を張るところがあるので、どこまで正直に書いているのかしら……? とおもってしまいます。
嘘は書いていないかもしれないですけれど、本当のことを控えめに、あるいは秘密にしている可能性はあると考えています。

きょう読んだ本

ムーミン全集[新版]3
ムーミンパパの思い出
トーベ・ヤンソンさん
小野寺百合子さん 訳
講談社
p.251-253

髪を切りに来ました。 1
高橋しんさん
白泉社
p.3-55

2021年7月3日深夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました