ごちゃごちゃの思考が可視化されたかのよう

日々

2021年5月25日(火)

普段使っている作業スペースが、きょう限定で使えなくなってしまったので、いつもと違う場所で作業しました。机の広さがまったく違って驚きました。

パソコン、スマホ、メモ帳、ノート、コップ、あれやこれや……いろいろ置いてしまうクセがあります。目に見える範囲にないと、「ないもの」として認識してしまうベイビーなのです……。
そんなわたしでも、ストレスなく使えるほど広い机でした。縦も横も大きい。素晴らしいです。

けれど毎日通うのは面倒くさいので、あしたからは結局、いつものところに戻る気がします。
机の上(だけでなくお部屋全体)を、余計なものがなく、すっきり使えるようになりたいですね……。どうやったらなれるのでしょう……?

きょう読んだ本

エンディングドレス
蛭田亜紗子さん
ポプラ社
p.58-64

夜行 ─下─
原作 森見登美彦さん
作画 込由野しほさん
小学館
p.53-最後まで
読了しました。

なんだかずっとほんのり怖くて、でも美しくて、夢の中をふらふらと彷徨っているような気持ちになる物語でした。

タイトルとURLをコピーしました