気分が上がるワンピース

日々

2021年5月2日(日)

服をつくる本屋「bookwordrobe」として活動している、清水涎さん。出会ったときに「しみぞう」と名乗っていたため、現在もつい、しみぞうさんと呼んでしまいます。

以前一度だけ、作ったお洋服の写真を拝見してから、いつか着てみたいな……と気になっていました。けれど最初の頃の通販ではお迎えができませんでした。冬の通販でようやく、注文ができるようになりました。


最初はこのワンピースのオレンジ色が気になっていました。しみぞうさんのワンピースはシックな色合いが多かったので、最初見たときにはびっくりしました。とてもかわいいです。

かなりオレンジに心が惹かれていたのですけれど、公式写真を見ているうちに、ポケットの生地がオレンジ色であることに気づきました。前面は無地なので、正面からはグレーのシンプルなワンピースに見えるとおもいます。けれど、ちらっと、ポケットの色が見えたらかわいいかな、とおもいました。


同じく『モモ』をモチーフとしたバッグもかわいかったです。それでも、しみぞうさんから最初にお迎えするのはワンピースと決めていたので、ワンピースのほうを選びました。

彼女のワンピースは、お写真で見るよりも、実際に着たほうがかわいいですね。動くと、ふわっと布が広がります。
そして予想通り、動いたときにポケットの色がちらっと見えます。そこまで見ている人はいないかもしれないですけれど、自分のテンションは上がります。良いですね……!
これを着て遊びに行く日が楽しみです~!

読書記録

『ムーミンパパの思い出』
p.21
“もしかしたら、ぼくが夢で見たムーミンが本物で、ここに立っているムーミンは、ただおばさんが夢で見ているやつかもしれない”
「胡蝶の夢」……。
どちらのほうがしあわせなのでしょう。いまのままの自分で生きることと、夢の中の自分で生きるのと……。

p.22
“海辺”
ムーミンは海が好きだったはずですけれど、ムーミンパパもお好きなのでしょうか。

p.23
“自分以外、わたしのことに興味を持つものはどこにもいなかった”
みんなたいてい、自分のことで精一杯ですからねえ。

きょう読んだ本

ムーミン全集[新版]3
ムーミンパパの思い出
トーベ・ヤンソンさん
小野寺百合子さん 訳
講談社
p.20-23

グリーン・グリーン 《新米教師二年目の試練》
あさのあつこさん
徳間書店
p.12-16

アーモンド
ソン・ウォンピョンさん 著
矢島暁子さん 訳
祥伝社
p.32-36

われもまた天に
古井由吉さん
新潮社
p.22-25

2021年5月11日になったばかりの深夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました