静と動の展示

日々

2021年4月17日(土)

立川の美術館に行ってきました。2月ぶり、2回目。

現在は、

  • 年間展示「ぐりとぐら しあわせの本」展
  • 企画展示「みみをすますように 酒井駒子」展

が開催されています。

先日購入した雑誌、『MOE』が酒井駒子さんの特集だったので、それを読んでから行けばよかったです……。ただいま積読中です。
一緒に行ってくれた友人は優しいので、「展示を見てから読んでもきっと面白いよ!」と言ってくれました。そうだね……! ありがとう。

前回は隅々まで撮影OKだったのですけれど、今回は、酒井駒子展のほうで一部撮影禁止の場所がありました。そちらの展示方法、展示作品もとてもすてきだったので、是非お時間がある方は行ってみてほしいです。きつねさんがかわいかったです。

酒井駒子展は木の香りがする空間でした。展示の棚(?)とか、テーブルとか。テーブルの文字はシールかとおもったのですけれど、印字されていたので、わざわざ作ったのだとおもいます。凄いです。
木の額縁も格好良かったです。複製原画を購入するとそれもセットになっているらしく、家に飾れるほど暮らしの余裕があればいいのに……とおもいました。

ぐりとぐらの展示では、子どもの真似っこをして穴をくぐって遊んでいたら、正規ルートでもくぐり抜ける形になっていてびっくりしました。手で押してドアを開けることもできるのですけれど、せっかくなのでこちらもくぐりました。たのしい。
ほかにも(実年齢にかかわらず)子ども心をくすぐる工夫があって、わくわくしました。みんなだいすき大きなパンケーキもありました!

建物の広さはもちろん前回と一緒なのですけれど、展示の仕方が違うだけで、かなり印象が変わりますね。展示内容が変わるたびに行きたくなってしまいます……。

見た人限定で展示を作っていくさまを公開してほしいなぁ……とおもいました。早送りの動画とか。企業秘密でだめでしょうか……。
展示の工夫が素晴らしいので、歴代の企画者さんのインタビュー集も読みたいです。(毎回どなたが企画してらっしゃるのかわからないですけれど……)
作ってください、公式さん~。

きょう読んだ本

平安ガールフレンズ
酒井順子さん
KADOKAWA
p.14-16

参考リンク

PLAY! MUSEUM

2021年4月19日夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました