2021年3月の読書記録(+2月28日)

読書

日記を書けなかった間に読んでいた本の、記録一覧です。
読むことは続けていました。

2021年2月28日(日)

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.6-11
読み始めました。

タイトルを読み間違えていました。「僕は、線を描く」だったらふつうのことですね。
表紙がきれいで気になっていた本。

2021年3月1日(月)

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.4-5
読み始めました。

卒業まであと1年もない大学生の恋愛物語……?
主人公はわからないですけれど……「彼女」のことは好きになれるかもしれません。

『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.11-89
読み始めました。

桜田千尋さんの絵が好きで、気になっていた本です。

2021年3月2日(火)

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.5-18

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.12-17

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.6
読み始めました。

タイトルから避けていたのですけれど、Twitterでちょくちょく、「良い」とおっしゃっている方がいたので……手に取ってみました。

2021年3月3日(水)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.6-38

2021年3月4日(木)

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.18-32

2021年3月5日(金)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.38-57

『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.90-95

2021年3月6日(土)

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.32-46

『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.98-147

2021年3月7日(日)


『物語のなかとそと』
江國香織さん
朝日新聞出版
全232ページ
読了しました。

読書感想をひとつの記事にまとめました。


『ひとり暮らし』
谷川俊太郎
新潮社
全237ページ
読了しました。

読書感想をひとつの記事にまとめました。

2021年3月8日(月)

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.18-21

2021年3月9日(火)

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.48-49

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.22-29

2021年3月10日(水)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.60-76

2021年3月11日(木)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.76-106

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.49-53

2021年3月12日(金)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.108-114

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.54-57

2021年3月13日(土)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.114-131

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.58-61

『往復書簡・ひびをおくる』
文・柳沼雄太さん
写真・鳥野みるめさん
p.2-42
読了しました。

詳しい感想はInstagramにて書いております。

『ハッピー 2』
文 Daisuke Ozaki さん
発行/製本 BREWBOOKS
最初~最後
読了しました。

詳しい感想はInstagramにて書いております。

2021年3月14日(日)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.131-152

2021年3月15日(月)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.154-159

『明け方の若者たち』
カツセマサヒコさん
幻冬舎
p.62-214
読了しました。

読み始めてすぐ、自分とは違うタイプの人たちだ、と感じました。けれど、苦しさは似ているのですね
むつかしいです……人間関係。


『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.148-155

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.29-33

2021年3月16日(火)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.160-168

『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.158-192

2021年3月17日(水)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.168-203

『満月珈琲店の星詠み』
望月麻衣さん 著
桜田千尋さん 画
文藝春秋
p.193-248
読了しました。

西洋占星術、面白いですね。気になります。


『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.33-47

2021年3月18日(木)

『店長がバカすぎて』
早見和真さん
角川春樹事務所
p.206-292
読了しました。

最後まで、ドタバタしていました……。


『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.48-204

2021年3月19日(金)

『線は、僕を描く』
砥上裕將さん
講談社
p.204-317
読了しました。

絵と向き合っているときの描写が心地良いです。
可能ならば、彼がえがくものを、ただひたすら眺めていたい……とおもいます。

2021年3月20日(土・祝)

『ばらかもん 17』
ヨシノサツキさん
スクウェア・エニックス
最初~最後
読了しました。

見慣れない姿に、「だれ?」とびっくりしました。
桜を見に行きたくなる終わり方。


『ばらかもん 18』
ヨシノサツキさん
スクウェア・エニックス
最初~最後
読了しました。

みんなの字を見てたのしそうにしている先生もいいですね。
けれどやっぱり、笑いながら字を書いている先生の姿のほうが好きです。ちょっとこわいけれど……。

2021年3月21日(日)

『SAMIZDAT SKOOL ZINE vol.1』
小野寺伝助さん、須藤謙一さん、しいねはるかさん、カナイフユキさん
SAMIZDAT SKOOL
2021/03/21
p.1-16
深夜、洗濯が終わるまでの時間で、読了しました。

すぐ読むことができる薄い冊子なのですけれど、心にズバンときたことばがたくさんありました。

『むらさきのスカートの女』
今村夏子さん
朝日新聞出版
2021/03/21
p.3-158
読了しました。

『コンビニ人間』を思い出す異様な雰囲気……。けれど個人的には、「コンビニ」のほうがまだ、理解ができました。
この本の主人公、怖いです……。


『旅ごはん』
小川糸さん
白泉社
2021/03/21
p.6-49
読み始めました。

2021年3月22日(月)

『旅ごはん』
小川糸さん
白泉社
2021/03/22
p.51-174
読了しました。

世界中のごはんにまつわるエッセイ。けれど、海外限定ではないようです。日本のごはんも出てきます。
ご本人は保守的とおっしゃっていましたけれど、そうは感じないほどさまざまなお料理が登場します。

2021年3月23日(火)

『「山奥ニート」やってます。』
石井あらたさん
光文社
2021/03/23
p.32-317
読了しました。

前半は、自分とは違う人たちのお話だと感じました。けれど彼らのことばは、わたしの中にもある感情でした。

僕は、何に縛られてしまっているのだろう? もっと自由のはずなのに。

2021年3月24日(水)

『されど われらが日々──』
柴田翔さん
文藝春秋
p.9-11
読み始めました。

2021年3月25日(木)

『されど われらが日々──』
柴田翔さん
文藝春秋
p.12-26

2021年3月26日(金)

『されど われらが日々──』
柴田翔さん
文藝春秋
p.26-34

2021年3月27日(土)

『されど われらが日々──』
柴田翔さん
文藝春秋
p.34-62

2021年3月28日(日)

『私と私』
佐原ミズさん
ノース・スターズ・ピクチャーズ
徳間書店
最初~最後
読了しました。

予想以上に毒と死の香りが強い短編集でした。好き嫌い分かれそう。
最も異色の『ゆびきり姫』が好き。重力に負けないこの三つ編み、どうやってキープしているのか気になります。「指様」って言い方すき。

2021年3月29日(月)

『雨と君と ①』
二階堂幸さん
講談社
最初~最後
読了しました。

一コマの中でいろいろ起こっていて目が足りなくなります。
たぬ……犬、かわいい。足跡も動きもしっぽも。


『愛されなくても別に』
武田綾乃さん
講談社
p.7-28
読み始めました。

最初のほうからぐさぐさくるタイプの本ですねえ……。

2021年3月30日(火)

『愛されなくても別に』
武田綾乃さん
講談社
p.28-39

『少年と犬』
馳星周さん
文藝春秋
p.6-13
読み始めました。

タイトルには「少年」とありますけれど、いまのところ大人の男性しか登場していません。
わんこかわいいよ、わんこ……。もふもふしたいです。

2021年3月31日(水)

『愛されなくても別に』
武田綾乃さん
講談社
p.39-66

『少年と犬』
馳星周さん
文藝春秋
p.13-18

2021年5月9日 執筆
タイトルとURLをコピーしました