読書のためなら命を削ってもいい

日々

400ページ超えの本にずっと触れていたら、数百ページの本ならさらっと読むことができるような気持ちになりました。気のせいなのですけれどね。

2021年2月26日(金)


前回と違って、今回は翌日がお休みの日なので、おもいっきり読書してしまいました。
日付が変わって、27日の朝4:30くらいまで読み続けました。

そういえば……先週も同じことをしていました。「住んでみる」イベントに参加したかのような気持ち、とおもいながら。

徹夜で読書や作業をすることが増えています。だから先月倒れたのですけれど……。
生活をあらためようとおもいつつ、結局同じようなことをしてしまっているので、痛い目にあっても学ばない馬鹿者です。本馬鹿は最期まで治らない気がします。

きょう読んだ本

ライオンのおやつ
小川糸さん
ポプラ社
p.113-124

スキマワラシ
恩田陸さん
集英社
p.180-271

四畳半タイムマシンブルース
森見登美彦さん 著
上田誠さん 原案
KADOKAWA
p.136-225
読了しました。

舞台化してほしいです! これを、演劇作品として観たいです!
まだまだ寒いですけれど、真夏の風を感じました。

楽しかった〜!

参考リンク

丸善ジュンク堂に住んでみる2021冬エア開催
21:00~
~5:00

2021年3月5日深夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました