雨の音を聞き、雪のことばを読む

日々

雨が激しく降っていました。
天気に関する本を読みたくなって、積読の山から『雪花』を引っぱり出してきました。もっと気温が低くないと雪にはならないでしょうけれど……。

今年、また雪が降る日はあるのでしょうか。

2021年2月15日(月)


鏡を使って遊んでいました。“本日読了した本とともに”撮ったことをツイートで書いてしまったので、実はまだ読み終えていなかった『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』をせっせと読みました。

読み終わるかもしれない)とおもってから、なかなか読了できません。意外と残りがあります。もどかしくなりますね。

きょう読んだ本

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出
角野栄子さん
角川書店
p.195-261
読了しました。

著者の角野さんのお写真をネットで拝見したら、表紙の絵の通り、赤が似合う、おしゃれなおばあさまでした。


雪花
北澤平祐さん 絵
谷有加里さん 文
ライフデザインブックス
ページ表記なし。最初から最後まで、読了。

タイトルは、「せっか」ではなく、「ゆきはな」。
奥付やプロフィールを含む、すべての文に英訳が添えられているので、日本語がわからない方でも楽しむことができそうです。
カバーの、トレーシングペーパーがある状態もない状態もすてき。

2021年2月23日夜 執筆
タイトルとURLをコピーしました