写真よりもことばで表現するほうがすき

日々

読書する自分があとふたりくらい増えたらいいのですけれど……。
読みたい本がたくさん、たくさん、あります。それなのにわたしの体力気力読書スピードが追いついていません。

2021年1月13日(水)

「きょうはたくさん作業を進めるぞ~!」と意気込んでいたのですけれど、昼間に干したお布団の気持ち良さに負けて、夕飯の前にすこし眠ってしまいました。いつも仮眠は5分タイマーをかけて、目をつぶる程度なのですけれど、無意識に止めて二度寝していました。
あたたかいお布団ってしあわせですね……。布に包まれていると安心するので、重ね着やマフラー、毛布、冬お世話になるものたちが大好きです。

食後にあたたかい緑茶を飲みつつ、読書をしようとおもっていたのですけれど、先週あまりにもInstagramの投稿をさぼってしまっていたので、画像に添える文章を作成することにしました。Instagramは改行がよくわからない、特殊なSNSなので、アプリで文章を整えてから投稿しています。

ついでに個人アカウントのほうも更新することにしました。去年(2020年)はTwitterにきちんと記録していたので、そのデータをコピーして載せています。主に買った本について。
Twitterよりも並び順を意識しているのですけれど、まだInstagramのことはよくわかっていません。世界観を作り上げるのが、Twitterよりもむつかしいと感じます。だから面倒くさがって更新頻度が低くなってしまいます……。
SNS更新をしてくれる自分がもうひとりいたら、いいのかもしれません。意外と時間を取られてしまうので……。

読書記録

宇野千代集より、「色ざんげ」
p.53
“まるで遠いところにゐたのである”
p.55
“もう少し違ったもののやうに考へてゐたのである”
似たもの同士ですね……。求めているものが違うのに、この先うまくいくのでしょうか。

『ムーミン谷の彗星』
p.164
“彗星って、ひとりぼっちでほんとにさびしいだろうなあ……”
とんなものにも寄り添うのですねえ。優しい。

p.169
“何百万びきという緑色の大きなバッタは、たちまち森を食べつくしてしまいそうでした。”
バッタの被害が酷かったのは去年でしたっけ? 作物の値段が上がるね、と話していたことを思い出しました。

巨大な力や大量の生き物たちに……自然に、人間は勝つことができませんね。

きょう読んだ本

宇野千代・岡本かの子集
色ざんげ
宇野千代さん
講談社
p.51-55

ムーミン全集[新版]
ムーミン谷の彗星
トーベ・ヤンソンさん
下村隆一さん 訳
講談社
p.161-169

小学生なら知っておきたい教養366
齋藤孝さん
小学館
p.300-321

参考リンク

文芸サークル あさぼらけのつき
Instagram:@ asaborake_tsuki

個人アカウント しきおりつづり
Instagram:@ shikioritsuzuri

タイトルとURLをコピーしました