大好きなものと、大好きになるかもしれないもの

日々

ふと、「顔が冷たい……」と気づいて触ったら、体液がにじみ出ていました。肌が荒れて、身体が傷だと認識して、治そうとしているようです。
指には血の色をしたかさぶたがべったりとくっついています。口と目の端っこは切れたまま。

身体はぼろぼろですけれど、心は比較的落ち着いています。たまにちょびっとぐらつきますけれど。
自分に冷たくせず、かわいがってあげるように言われました。かわいがる……。わたしの“愛情”は正しいものなのでしょうか。愛情表現が下手くそな実父を見ていると、不安になります。

2020年12月23日(水)

天気:晴れ?


図書カードはどんなときにいただいても嬉しいものです。そして、何枚いただいても、とてもとても嬉しいです。
気軽に図書カードを贈り合う文化ができたらいいのになぁ……とおもいます。

嬉しかったこと:「とんがり帽子」が発売されたこと
えらかったこと:#全集読破日記 の本を決めたこと

嬉しかったこと


作者さまからのクリスマスプレゼントのようです……! だいすきな物語の続きを読むことができる、しあわせ……。



『とんがり帽子のアトリエ』が好きなので、スピンオフの『とんがり帽子のキッチン』も読み始めたのですけれど、ひとつの物語としてこちらもすき。物語の登場人物たちがどのような生活をしているのか、それを詳しく描いてくれる漫画はなかなかないです……。ページ数やテンポの問題がありますからねえ。
それを考えると、生活シーンも描いている『赤髪の白雪姫』は相当凄いですね……。(最新巻がはやく出ることを願っています)


大好きなシリーズものの漫画は、はやく読みたい気持ちがありつつも、読みきってしまうと次がなかなかこないもどかしさがあるので、毎回読むタイミングに悩みます。
それまでの巻を最初から読んでいけば、すこし時間稼ぎができて、気持ちも満たされるかもしれないです。けれどつい、新しいものを手に取ってしまいます。悩ましいです。

ひとまずそっと、積読の山に加えました。

えらかったこと


2021年丸々使って全集を読んで日記を書いてみよう、という企画に参加予定です。
どの全集にするかまだ決めていなかったのですけれど、きょう、ようやく決まりました。


ムーミンならきっと、そこまで負担にはならないはずです。子どもも読める文章ですから。むつかしい文章ではないはず。
読破したらムーミンバレーパークに行くつもりです。一度だけ行ったことがありますけれど、表面だけふんわりと楽しんだので、もっとディープなところまで楽しめるようになりたいです。まずはキャラクターの名前を覚えるところからですね!

阿呆なヤツ

此処で書いているふだんの日記とは別に、全集読破日記を書くつもりです。けれど、そんないくつも文章を書くことができるでしょうか……。
しかも毎日やるつもりですよ、このひと(しき)……。阿呆です。

さらに阿呆なのは、全集を2種類読み進めようとしていることです。
もともと、(この企画をやってみたい!)とおもったのは、友人から文学全集を譲り受ける約束をしていて、どうせならほかのひとたちと一緒に読んでいきたいとおもったからです。
けれど、いつ届くかわかりません。うっかりしているひとなので、約束の日にいただけるとは限りません。まぁ、いつでもいいのですけれど。

さらにさらに阿呆なのは、全集以外の本も読んでいく予定です。
積読が300冊あると判明したにもかかわらず本を買うことを止めていません。積読の山がどんどん高くなっていくさまを眺めているばかりではいずれ床が抜けてしまうので、どんどん読んで、満足したらどんどん手放していきたいです。

心身ともに安定した一年になることを願います。鬱々としていると、読み書きができなくなってしまうものですから……。

参考リンク

全集読破日記について

主宰:岸波 龍さん
Twitter:@kishinami8
公式タグ:#全集読破日記

はじめに/『漱石全集読破日記』について

ムーミンバレーパーク
公式サイト

タイトルとURLをコピーしました