日本語しかわからない

日々

先日、「積読の高さは徳の高さ」とおっしゃっている方がいました。
今度、実際に積み上げてみます。

2020年12月5日(土)

天気:雨のち曇り

とてもとても寒い日でした。
今年初めて、ニット帽をかぶりました。自転車に乗るときは、ニット帽と手袋が強い味方。もっと寒くなったら、マフラーを首に巻いて、さらにもこもこになります。

もこもこは偉大です。
もこもこの寝間着もあたたかくて、すきです。安心して眠ることができます。

嬉しかったこと:気になっていた本屋さんに行けたこと
えらかったこと:替芯に合うボールペンを見つけたこと

嬉しかったこと


絶対ぜったい、行くと決めていた本屋さん、南と華堂(なんとかどう)さん。オープン後ようやく行く時間を確保できました。

川の横を通っているとき、(もしも晴れていたら川辺で日向ぼっこしたかった……)とおもいました。いつかリベンジします。

分厚い灰色の雲を映した川の向こう側から、声が聞こえてきました。
少年たちが元気に野球をしていました。カキーン……。誰かが、ボールを打つ音がして……歓声。ずいぶん盛り上がっているようです。

指でアプリの地図の向きを変えればいいのでしょうけれど、それだとさらに混乱してしまうので、スマホをくるくるまわして位置を確認。この方法だと何故か、落ち着いて判断できます。
細い道を通って……ようやく到着。中から話し声が聞こえてきました。


どれもこれもすてきな本ばかりだったのですけれど、一番嬉しかったのは、『星の王子さま』と出逢えたことです。店主さんに「マニア?」と言われましたけれど、すべての翻訳をまだ読んでいないので……自分はひよっこです。読み比べをすることが夢です。だから、すこしずつ集めていくつもりです。ただ、英語や、本家のフランス語はまったくわかりません……。そこまでは手を出せないです。
読む分には問題ない汚れはまったく気にならないので、とてもお得に手に入れてしまいました……。逆に、(いいのかな……?)と不安になってしまうくらい。

古本だと特に、そのとき、が重要ですからね。次行ったときにないことは、ざらにあります。
ゆきちさんが飛んで行ってしまうようなレベルは手が出せないですけれど……。お財布に優しいお値段が多くて、助かりました。なのでついつい、たくさん、選んでしまいました。たのしかったです。しあわせの重みを感じながら、お店を出ました。

えらかったこと

以前、ボールペンの替え芯の種類を間違ってしまって……普段使っているボールペンでは使うことができませんでした。うっかり。ローマ字と数字の組み合わせた商品名を言われても、なにがなんだか……?


替え芯の正式名は「SXR-80-05」……SF小説のロボットの名前のようですね。これを片手に、スーパーマーケットの文具売り場を眺めてもなお、よくわかりませんでした。

ようやく「ジェットストリーム」の文字を見つけて、「このシリーズだ!」とテンションがあがりました。できれば単色のボールペンが欲しかったのですけれど、そちらは別の替え芯らしいです……。
所持している替え芯は、多機能ペン専用でした。黒、赤、青。もしくは、黒、赤、シャーペン。大学生以降、出番が多いのはボールペンのほうなのですけれど、シャーペンがあるものにしました。いま自分が持っているシャーペンはひとつしかなく、くたびれてきたところだったので、世代交代をしてもいいのかもしれません。

今度は説明文が書かれている台紙を捨てないようにします。

タイトルとURLをコピーしました