映像から元気をもらうひと

日々

いま住んでいる地域で有名な、ケーキ屋さんのケーキが大好きです。どれも美味しいです。
きょう食べたのはモンブラン。以前は土台の部分がスポンジだったはずですけれど、メレンゲになっていました。サクサクで美味しかったです。

2020年11月28日(土)

天気:晴れ

西日がとても強くて、まぶしかったです。光から逃れるために目をつぶったら、いつの間にか、ねむってしまいました。

嬉しかったこと:微笑んでくれたこと
えらかったこと:グッズを開封したこと

嬉しかったこと

ゲームをプレイするところを眺めていて、すっかり時間を忘れてしまっていたのですけれど、ふと気がついたら深夜2時。「お風呂に入ってくる」と消えた家主のことを待つことができなくて、毛布で顔を隠して目をつぶりました。電気がつけっぱなしだとなかなか眠れないタイプ。けれど心身ともに疲れていて、いつ眠ったのか、いつ家主が返ってきたのか、まったくわかりませんでした。

毛布をめくって、こちらの顔を見ている……ような気がしました。重たいまぶたをなんとか半分開けたら、目が合って、にっこり笑ってくれました。嗚呼、すき。寝ぼけているのに感情は素直。
そのとき時計を確認しなかったので、正確な時間はわからないですけれど、たぶん……3時か4時?

ハグして、頭をなでてもらうと、落ち着きます。

えらかったこと

好きな実況者さんと仲良しの実況者さん、いつものメンツ、4人。そのひとたちともうひとり、仲が良い実況者さんが加わって、5人でイベントを開催しました。2020年2月。
そのときのグッズをファンの方から譲っていただき、きょう初めて、個包装の袋から取り出しました。スタンドに設置するのも初めて。


家主もわたしも、実況者さん4人のことが大好きなので、テンションが上がります。このグッズの素晴らしさを理解してくれるひとだから、一緒にいるときに開封しよう、と決めていました。

テレビの近くに、こっそり「推しコーナー」を作りました。このアクリルスタンドの横に──これから先販売されるはずの──イベント映像の特典グッズを並べる予定です。
たのしみです。映像を一緒に観る約束をしているのです。複数のイベントを収録しているため、7時間あるらしいので、1日ずっと鑑賞会です。その日が待ち遠しいです。

タイトルとURLをコピーしました