かつて救えなかった彼女の代わりに

日々

本当は惚気話をがっつり書こうとおもったのですけれど……やめました。別の場所で書きます。

大切に想うほど、臆病になってしまいますね。何かを手に入れるとその分、失うことがこわくて……弱くなってしまいます。すべて捨てても構わない、と考える瞬間が一番強いのだとしたら……しんでも構わない、いや、むしろしのうとする瞬間が一番強い……?
「強くなりたい」
自分もほかのひとも考えること。その“強さ”って、どういう意味なのでしょうね。

2020年11月5日(木)

天気:晴れ

一度だけ、舞台で歌ったことがあります。ひとりで。アカペラで。
そのときの演出家をいまでも恨んでいるくらいには、人前でうたを歌うことが苦手です。音を取るって何? 音程って、どうしてみんなわかるのですか?

正直しんどかったです……。自信がなくて、何度もなんども練習しました。なので、いまだに歌詞を覚えています。忘れていても、すこし歌ったらことばが出てきます。
カシオピイア……。


宮沢賢治さんの『水仙月の四日』という作品に出てくることばだったのですね。それは知らなかったです。

嬉しかったこと:思い出の髪型ができたこと
えらかったこと:肌のお手入れをしたこと

嬉しかったこと

小学生のころ、あこがれの女の子がいました。彼女は長いながい髪の毛を左右で三つ編みにして、さらにくるっと輪っかにしていました。それがとてもかわいくて、長い髪が羨ましくて、よく覚えています。彼女の名前は忘れてしまったのですけれど……、その髪型だけは覚えています。

一定以上、自分の髪は伸びないのではないか……と小学生のころは考えていました。ただただ、お手入れの仕方が下手だったようです。
当時は天然パーマのクセが強くて、難儀していました。(髪をとかしても痛くないヘアブラシがあればいいのに……)と泣きながら、毛玉と格闘したこともあります。

あれから長いながいときを経て、わたしも髪の毛を伸ばすことができました。
まっすぐ前を向いていても、胸の下まで届きます。できれば、腰まで伸ばしたいです。そうしたらたぶん、50cmの髪を寄付できます。
最初は、“意識して髪を伸ばしていた”より、“いつの間にか伸びていた”感覚でした。けれどせっかく伸びたなら役立てようとおもい、いつからか、ヘアドネーションをやることが夢になりました。(以前の日記で、すこしだけそのことに触れたことがあります。)

ヘアドネーションに必要な長さは31cmです。それはもうクリアしているはず。31cm以上50cm未満はMサイズのウィッグになるそうです。
50cm以上だとLサイズが作れるとのこと。それはロングサイズのウィッグ。

きっと、かつてのわたしのように、ロングヘアにあこがれているひとはいるとおもいます。ウィッグが必要な状態になってしまったら、なおさら……。
ずぼらな管理なので正直、良い状態とは言えないかもしれないですけれど……。もし、これでも大丈夫なら、是非使ってほしいです。生きていることがすこしでも役に立つならば……。

えらかったこと

超敏感肌です。何故だか、化粧水と乳液をそれぞれ使うほうが肌に合わないことが多いです。面倒くさがりも相まって、オールインワンジェルを愛用しています。

以下、自分の備忘録も兼ねて、いままで使用したものについて綴ります。

歴代オールインワンジェル


現在使っているのは、常盤薬品工業さんの「とろんと濃ジェル」。
「豆乳イソフラボン オールインワンジェル」が商品名かとおもっていました。でかでかと書かれているので……。
そして「なめらか本舗」がメーカー名なのかとおもいきや、ブランド名だそうです。
諸々勘違いしてしまい、申し訳ございません……。(わ、わかりづらい……)

これは正直、イマイチでした……。肌の調子が良いときは問題ないのですけれど、調子が悪いときはすこしぴりぴりしてしまいます。


世間的には敏感肌のひとでも使える、と評価されている無印良品さんの「敏感肌用オールインワン美容液ジェル」……これですら、だめだったニンゲンです。
肌の調子が悪いときは、負担がすくないように作られているはずのものであっても、受け付けません……。

以前親が見つけてくれた、4,000円以上するクリームも、時々ぴりぴりしました。
値段に関係ないようです。自分の肌に合うかどうか、それだけなので……。だからこそ、どんなときも、絶対しみないワセリンさんは心から信頼しています。


特に「ベビーワセリン」がだいすき。健栄製薬さんありがとうございます。商品がある限り一生お世話になるつもりです。
成分は白色ワセリンだけ。安心して使えます。リップもあるのですけれど、成分は同じく白色ワセリンオンリー。持ち運びしやすい、小分けタイプと認識しています。作り方が違うのかもしれないですけれど……!(勝手なことを言ってごめんなさい)

成分が同じ「ワセリン」であっても、別の商品は、自分に合わないことがありました。ワセリンを使用しているものなら、たいてい大丈夫なのですけれど……。


新しく挑戦してみるのは、イミュさんの「ナチュリエ スキンコンディショニングジェル」。でかでかと書かれている「ハトムギ保湿ジェル」は商品名ではないようです。ブランド名は「オペラ」……?
ややこしやぁ~……。

Twitterでこれをおすすめしている敏感肌さんたちが多かったので、お試し。試してみるにはサイズが結構大きいのですけれど……。
自分の肌にぴったりだったら安くて大容量なのは最高。合わなかったらその量が逆に苦しくなってしまいますね……。
貧乏性ゆえ、使える日もある、というレベルならちまちま使ってしまいます。本当は良くないのかもしれないですけれど……。

さっと塗ってみた感じ、通常の肌では問題なし。ただ、長年の勘からなんとなく……不穏な感じ……。調子が悪いときはぴりぴりしてしまいそうな予感。まだその痛みを経験していないのに、勝手に語るのは良くないですけれど。
どうか、どうか、肌に合いますように……。

振り返ってみて、

以前書きたいと言っていた「試行錯誤」を形にできて満足。記憶がしっかりしている大学生以降に使用したものばかりです。それより前に何を使っていたか……残念ながら、思い出せません。

そういえば、入院のエピソードも書きたいと考えていたのでした。その話をここからさらに書く気力はないので、また今度。書きたくなったら。
簡単に語ると、顔全体が腫れて目があかなくなり、読書できなくなってしまいました。読みたいのに読めない……あれだけはもう二度と、経験したくありません。

参考リンク

JHD&C(ヘアドネーション)

タイトルとURLをコピーしました