会いたいひとと会えること

日々

自然と触れ合いたい。
その願いが叶うかもしれません。嬉しいです。

2020年10月28日(水)

天気:曇っていたけれど光を感じた

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

石川啄木『一握の砂』

手を見つめていると思い出す詩。


手がかゆいです。むずむずする感じ……。
けれどずいぶんきれいになりました。飲食業のときは荒れてあれて、そのせいで辞めることを考えてしまうほど、つらかったです。皿洗い、嫌いじゃないのですけれどね。

嬉しかったこと:でーとの約束をしたこと
えらかったこと:行く場所について調べたこと

嬉しかったこと

来月はたくさんの女の子と会うことができます……! 「たくさん」と言っても、片手で足りる程度ですけれど。
ずっとずっと逢いたかった最愛の女の子と約束できたので──しかもわりとすぐ、逢える──、昇天しそうです。小学生のころからの友人や、最近仲良くなった方。11月前半はウハウハです。たのしみ~!

問題は後半ですね。不安……。
ひとまずは深く考えずに、日々淡々とこなしていきたいです。

えらかったこと

旅行でも日帰りの遊びでも、とても極端なニンゲンです。調べるときはとことん調べるし、きっちり決めます。けれど一方で、何も決めずに流れに身を任せるときもあります。
ひとから誘われたときは何も考えていないことが多いです。たいてい、すきだから会っているので、相手がいればそれで満足。どこでも大丈夫。お話できればうれしいですし、ことばがいらない場合もあります。ゆるゆる時間を共有したいです。

今回はわたしからお誘いしているので、いろいろ考えています。プラン通りにはならないかもしれないですけれど、一緒に行きたいところをいくつか考えています。
最愛のひとのお祝いですから。いい一日にしたいですね。

すきな本屋さんを紹介しようとおもったのですけれど、休日でした。残念……。
悩みますねえ……。

タイトルとURLをコピーしました