「日常」から生まれる作品

日々

あ。もともと「嬉しかったこと」に書こうとおもっていたことと、別のことを書いてしまいました。そのことをすっかり忘れてしまうくらい、面白い本でした。
皆さま是非読んでください。おすすめ。

2020年10月26日(月)

天気:晴れ

ちなみに(書こうかなぁ~)と考えていたのは、とりあえずの目標額だった貯金ができたことです。此処ではないところへ行きたくなったときに──その手段は、旅か引っ越しかわからないですけれど──、使おうとおもっています。
この国ではなかったら、あるいは、法律が違っていたら、手段の候補に「安楽死」も入ってくるのですけれど……。現状から考えると、もっと貯めないといけないです。それに、英語を勉強しなければなりません。なかなかハードルが高いです。

まぁ、いまのところ、積極的にそちらの方向では考えていません。ご安心ください?

嬉しかったこと:良いエッセイを読んだこと
えらかったこと:苦手な電話予約をしたこと

嬉しかったこと


読み始めてすぐに夢中になってしまい、一気読みしました。読み終える前に知人におすすめしてしまったくらいです。(たぶん、あの人はこの雰囲気が好きなはず……)
作者の板垣さんの作品『BEASTARS』や、お父様の作品「バキ」シリーズを知らなくとも、楽しむことができました。



一応どちらも、タイトルは知っていたのですけれど、著者名は意識していませんでした。どちらも「板垣」さんですね。わあ……。

コミックエッセイを描いたほうの「板垣」さん──パルさんは、末っ子の20代女性。歳が近いからか、共感する点が多々ありました。
ネタバレありで感想を詳しく綴りたいです。そのあと、どなたかにこの本を貸したいです。

えらかったこと

電話が苦手です。接客業をしていたときも、電話に出ることが本当に嫌でした。自分が電話に出なければならない職場はいままでで2ヵ所あったのですけれど、どちらも、電話と来客両方対応しなければならず……どちらを優先したらいいのか悩みました。それもあり、苦手意識が強くなったように感じます。

いつかかってくるかわからずびくびくしていた頃よりは、こちらから電話をかけるほうが、気が楽です。ほんのすこしだけ。しゃべることを整理して、気合を入れるための時間を取ることができますから……。

これは完全に愚痴なのですけれど……インターネットに関する講座にもかかわらず、インターネット予約ができないのは何故なのですか……。電話キライ。
しかも受付時間が限られていて、なかなかタイミングが合いませんでした。その結果、希望日はすでに埋まってしまっていました……。くぅ……。来月、お仕事を休むか、ずらす必要があるかもしれません。こまる。

まぁ、何はともあれ、電話してえらい……。おつかれさまでした。

タイトルとURLをコピーしました