自分が感じていることしかわからない

日々

じっくり作品と向き合う時間が取れると、心が満たされます。
それが、ざわざわした気持ちになるものだったとしても。

だからきょうは、いい日でした。

2020年8月30日(日)

天気:晴れ

嘘解きレトリック』という漫画がございます。
主人公は“嘘”が聞こえる少女・鹿乃子(かのこ)さん。

この作品の面白いところ。
聞こえる“嘘”は、その人が嘘をつこうと意識しているときだけ。真実ではないことでも、その人が嘘だとおもっていない場合は、彼女の耳には聞こえません。

この世にもそのような人はおりますね。
一説によると、嘘をつき続けているとやがて自分の脳もだまされ、それが本当のことだと思い込むようになるそうです。嗚呼、なんと恐ろしいこと……。

……では自分は、“嘘”をついていない、と自信を持って言えるでしょうか?
いつの間にか真実だと思い込んでいるところがまったくない、と言えるでしょうか。

嗚呼、己も恐ろしい……。

えらかったこと:頼まれてすぐ調べたこと
嬉しかったこと:無料公開に気づいたこと

えらかったこと

仕事ができる人は、行動が速い

それにあこがれて、動こうとするけれど……
後回しにしてしまったり
抱えこんでしまったり
身体が動かなかったり
わたしはのろい

それでも最近は、意識しているおかげでちょっとだけはやくなりました。いいこと。

大きな乗り物に乗らない日々

来週、親孝行をする予定です。「孝行」なんて言っても、ただ、一緒にまったり過ごすだけですけれど。

その日の電車の時間を調べました。

電車に乗るのはいつぶりでしょうね……。ずっと遠出していないので、もしかしたら、前職を辞めた日が最後……?

織(しき)
織(しき)

いや、まさか……。

織(しき)
織(しき)

でも、月単位なのは確か。

東京は1時間で景色が変わる

人が少ない場所に行ってきます。都会のビル群よりも、ほどほどに自然が豊かなところのほうがすき。

電車に揺られるのは約40分。遠い地だとおもっていたけれど、それほど離れていないのですね。
もしも現職の会社に通勤することになったら、そちらのほうが遠いと気づいて、びっくりしました。1時間20分……。

織(しき)
織(しき)

1時間以上の通勤通学未経験……。

いままでは近さで選んでいたものですから。とても不安です。
早起きと移動だけでへとへとになってしまうので、引き続き引きこもっていたいです……というのが本音。

嬉しかったこと

TwitterのRTで知った、『烏に単は似合わない』のコミカライズ全話無料……!
4巻丸々ですよ、凄いですよね! テンションが上がりました。


漫画は未読だったので、これは読むしかないな、とおもいました。

原作の小説は一度、何年か前に読みました。単行本しかなかった頃なので、2013年くらい?

美しく、恐ろしい

第0話 はじまりの春」で始まり、
第38話 はじまりの春」で終わる。

そのなんと美しいことか……。

これはすこしネタバレなのですけれど、
1巻のラストの描き下ろしが伏線だなんて気づいていませんでした。

原作のラストは頭が混乱していて、衝撃的だったことは覚えているのですけれど、詳細は忘れてしまっていました。

織(しき)
原作を読んだ織(しき)

なんだかとても恐ろしいものを見てしまった……。

当時は性善説を心から信じていたものですから。人は基本的にはイイヒトで、よくよく話せばきっと通じ合える、なんて幻想を抱いていたものです。
残念ながら、この世はもっと複雑怪奇。

人間の裏の顔

お子ちゃまだったわたしは理解できなかったけれど、現在は4人の姫君の魅力がわかるようになりました。

一番すきなのは、真赭の薄(ますほのすすき)さまです。取り繕っていない後半の彼女がすき。
“美しいものやかわいらしいものはみんな好ましい”とのことで、そういった点でも気が合いそうです。


姫たちには姫の事情があり、女房には女房の考えがあり、御家には御家の戦略があり……。
みんながあって、怖いですね。


クズの本懐』をおもいだしました。これはメインキャラクターが全員“クズ”の物語。
“普通の人”のように見えても、実は歪んでいる人間……。

モカちゃんが好きだったのですけれど、ラストでまさかまさかのさんに一番共感してしまいました……。わたしもクズな人間なので、この作品はぐさぐさきました……。

織(しき)
織(しき)

漫画貸した後輩! 再読したいから返して!

戸惑う共感

織(しき)
織(しき)

あれ? 最近考えたことがそのまま載っている……。

と感じたシーンが二ヵ所、ありました。

 

第29話 烏太夫

他人に
勝手な幻想を
押し付けるのは
やめな

迷惑だ

……凄い。「迷惑」というところまで含めて、先日考えていたことです。

なお、幻想を押し付けているのは自分です。ごめんなさい。
ぐさっときてしまいました。

第9話 覚悟の音

夢のようなこと

それでも

あの若宮さまの
微笑は

確かに現だった

あせびさまと感性が似ているのかもしれませんね……。
夢か現か……。

魔性の女

歳を重ねて感じたのは、いわゆる“魔性の女”と呼ばれる類の女の子たちは、かわいいのだなぁ……ということ。イメージではもっと怖い、ぞくっとするような人なのかとおもっていました。
全然そんなこと、ない。
かわいいのです。かわいいから、だまされるのですけれど。

むしろ……この子になら、だまされてもいい。なんて、おもってしまうのです。


ちなみにわたしは人生で一度だけ、一人にだけ、“魔性の女”だと言われたことがあります。

浜木綿(はまゆう)さまのような強く美しく、でも浜木綿さまよりはもろく危ういところも併せ持っている、かわいいおひとでした。
彼女にはどのように見えていたのでしょうね

織(しき)
織(しき)

わたしと会ったことがある方、どうおもいますか?

織(しき)
織(しき)

わたしは“魔性の女”でしょうか?

でも、まぁ……。
わたしに引っかかるのはあんまりよろしくない、とは、おもいます。本人としては。
“魔性”ではない、とおもいたいですけれど、イイヒトかというと……うーん。

をつく人間ですから。
それを自覚しているだけでも、まだまし、ってことにしてくださいませ。

織(しき)
織(しき)

なんてね。

タイトルとURLをコピーしました